ネットで株注文するメリットとは

株で注文する方法は、主に2種類あります。対面取引とWEBです。最近では、後者のWEBで取引する方も増えてきています。いわゆるネット証券ですが、あまり手間がかからないからです。コストも比較的低いですし、ネット証券はおすすめという声も根強いです。

訪問するのが少々大変な店舗取引

多くの証券会社には、実店舗があります。店舗には窓口もあって、証券会社の担当者も常駐しているのです。窓口で担当者に声をかければ、株の取引をする事はできます。
その他にも、電話取引もあります。証券会社に電話をかけて、希望株価などを伝えて注文する訳です。実店舗に行くのが難しい方は、よく電話で注文しています。
実際、実店舗に行くのは手間がかかります。自宅の近所に実店舗がないと、移動時間がかかってしまうでしょう。遠くの実店舗まで足を運ぶのも、少々大変です。

店舗訪問と取引スピードのメリット

ところで冒頭でも触れた通り、株はWEB注文も可能です。証券会社の取引システムを使用して、スマートフォンで注文する事もできます。もちろんパソコンでも問題ありません。
ちなみに最近では、実店舗が無い証券会社も増えてきています。いわゆるネット証券というサービスを提供している会社も少なくありません。
WEBによる注文は、店舗訪問に関するメリットがあります。そもそもパソコンやスマートフォンで取引するなら、わざわざ店舗に行く必要も無いでしょう。自宅から遠い店舗まで訪問しなくても済むメリットは、とても大きいです。
しかもWEBは、注文もスピーディーです。そもそも電話注文する場合、約定するのに時間がかかってしまう事があります。口頭で株価を伝えても、担当者としてはシステム画面などで操作しなければなりません。
しかしWEBであれば、基本的にはすぐに約定します。デイトレなどはスピードが重視されますし、対面よりはWEB取引の方がおすすめです。

取引コストに関するメリット

ところで株取引を検討している方は、しばしばコストに注目しています。というのも株の注文をするのは、無料ではありません。取引手数料もかかってしまうでしょう。
対面取引の場合、その取引コストは少々高めになります。実店舗で注文しますと、1,000円以上の手数料がかかるケースも多いです。
それに対してWEB取引の場合は、かなり手数料が低めになります。頻繁に注文するなら、取引コストも決して軽視できません。なるべくコストを低く抑えたいなら、対面よりはネット注文の方がおすすめです。