株投資の情報源について

株の投資の情報源について解説します。一番多い情報源は熟達者と初心者では異なることを配慮したうえで解説をします。まず、株式投資において経験がある熟達者の方は、投資情報サイトなどのポータルサイトにて投資すべき会社を見つけ投資をします。この時、個人の投資家のブログなどを見てさらに自分の判断が正しいかを判断します。個人の投資家の情報を閲覧する理由としては、自分の判断がどの程度第3者と一致しているかを調べるために使用するもので、これはあくまで自分が考えている答えを合わせているとみてよいでしょう。

さらにデータが欲しいと判断した投資家においてはさらにSNSなどで有名な投資家の動きを探ったり、プロの投資家の情報を入手したりしてから株を購入したりします。つまり、欲しい銘柄に目星をつけており、焦らず購入するのではなく、他の周りの人物の様子を見てから購入していこうと考えるのです。これを買い時であるかそうではないかと判断し購入するかどうかは本人次第であるということです。

次に初心者の場合、まず情報収集サイトに訪れると大抵は失敗をしており理由は情報が多すぎるが故分らないことが多いという問題があります。その為、多くの初心者はここで挫折をするか方針を転換させ、まずはセミナーを受けたり、書籍を購入して投資についてを学びます。多いのが書籍で学ぶことが多く、その理由は書籍は、情報収集におけるやり方みたいなものがうまくまとめられており、収集のやり方を学び次に生かすことが出来るため、購入し勉強する方が多いのです。

ただし、書籍はデメリットもあり、情報が新しくはないのであくまで投資について学んだだけに過ぎない点が注意点です。無事書籍で投資について学んだ後に熟練者と同じように情報収集を行います。情報収集を行う手法はネットでこれについては同様に情報投資サイト、ポータルサイトを利用して再チャレンジと言う形で投資を始めます。この時、情報の正確性を知ることを書籍で学んでいる人物は、更に情報を収集する際、SNS,ブログなどの情報が正しいか銅貨を客観的に判断し、虚偽の情報であるかも判断できるのですが、学んでいない方は投資において失敗する可能性も高いです。投資は情報収集する上で情報の正確さが大事で、そのことを書籍等で学んでいる、もしくは書籍が解説しているかが重要で、書籍が解説していない場合、株の投資に根本を理解していない書籍である可能性が高いです。